読書感想文の書き方

よくある質問

読書感想文のよくある質問と相談

どうして本を読まないといけないの?

どうして、本を読まないといけないのでしょうか?
普段から本を読むこともなく、とっても面倒なこととしか思えません。

読書感想文が苦手な方は、文章を書く前の「本を読む」という時点で
「どうして本を読まないといけないのか?」と、面倒に思われているのではないでしょうか。
確かに本に読むことに慣れていないと、本を読むことは大変です。
しかし、本を読むことに慣れてしまえば、本を読むことは楽しくなります。
私の場合、本はまったく読まないタイプでしたので、読書感想文は大嫌いでした。
読書感想文の課題とは関係なしに高校生の頃に歴史小説に夢中になり、それからは本を読むことが大好きになりました。
今では、常に本がないと手持無沙汰で不安になるくらいなので、電子書籍にはいつもいろんな本を入れて持ち歩き、移動中はいつも読書をしています。
読書感想文を書くことにとても苦労をされているのなら、特に分かると思います。
文章を書くって、とても大変だとは思いませんか?
ということは、一冊の本の中に大量の文章、物語、情報を提供している、本を書いている人(作者)はスゴイとは思いませんか?
本は、本を書いている人が、その人の持っているものを文章の中に全部詰め込んで、全力で書いていてくれていると思います。
本を書いている人が今まで経験してきたこと、学んできたこと、気づいたこと、いろんなことが、本の中に詰まっています。
私たちは本を読むだけで、その情報が得られるのです。
これはとてもスゴイことだと思います。
本を読むということが習慣になり、楽しくなれば、大人になった時に非常に役に立ちます。
例えば、仕事で困った時。同じような悩みで困っている人のための本があります。その本を読むことで問題が解決したり、人生が前進することがあります。
本との出会いが人生を変えるということもよく聞きます。
今はとても難しく、大変に感じるかもしれませんが、本を読むことは一生の宝物になると思いますので、ぜひ前向きに取り組んでもらえると、本が好きな私としては嬉しい限りです。
 

 

2017年読書感想文の書き方
 
読書感想文よくある質問
2017年課題図書
inserted by FC2 system