読書感想文の書き方

The way to fill out

読書感想文の書き方

読書感想文の文章の構成②

簡単に書くための3部構成
①さいしょ: 自分が感じたこと、読むきっかけ
②なか: 作者や登場人物の考え方、共感した部分など
③まとめ: 自分の考え方、自分が取り組みたいこと

②なか

作者や登場人物の考え方、共感した部分など

A.本全体のテーマについて書く

[質問項目の④の答えです]
ここで注意したいのは、絶対に本の内容の解説をしないことです。
本の中で作者や主人公が全体を通じてどのように行動し、どのように考えたのかを書きます。本の内容の解説はなるべく短くするか、思い切って「書かない!」というのもありでしょう。
読書感想文は、読んだ本の解説を求められているのではありません。本の内容を書いても意味がないと考えてもいいでしょう。それよりも、自分が感じたことや作者、主人公の考え方を表現しましょう。
例えば、
「戦争がテーマの本でしたが命の大切さ、家族の大切さを強く感じさせました」
というように、本の中身や解説よりも本を読んだことで自分が感じたことに重点を置いて書くようにします。
 

B.どうしてそれがテーマだと思ったのか?

[質問項目の⑤の答えです]
自分がテーマだと感じたことについて自分の意見や感じたことを書きましょう。
できれば、自分の状況に置き換えてみるのもいいかもしれませんね。
 例えば、
「家族がいなくなる場面を読んだ時、とても悲しい、寂しい思いを自分の中で感じました。普段の自分を振り返ってみると、家族がそばにいるのが当たり前でむしろ、うっとおしいとさえ思っていたように思います。でも、もしも家族がいなくなったら。。。」(あなたならどう思い、どう感じるでしょうか?)
 

C.自分と共通する、共感するようなことを書く

[質問項目の⑥~⑦の答えです]
本の登場人物や作者と自分が共感できるような場面であったり、逆に自分とはまったく違うような考え方や行動がでてきたら読書感想文の中で表現してみましょう。
例えば、科学の本であれば
 「作者は、実験結果をみちびきだすためにあらゆるパターンの実験を繰り返して、わたしには信じられないような数の実験をしたのだと思います。自分にはここまでの信念や執念、粘り強さはとてもありません」
すごいな~と思ったことや驚いたこと。
自分だったら○○というように書いてみましょう。
 

 

2017年読書感想文の書き方
 
読書感想文よくある質問
2017年課題図書
inserted by FC2 system