よくある質問

読書感想文の文章がつながっていきません

読書感想文が書けない
読書感想文のよくある質問

このホームページに掲載されている「

">10の質問」の質問項目には答えましたが、実際に読書感想文の文章を書き始めるとうまくいきません。
読書感想文の文章としてはつながっていく感じがしません。
答えた質問を上手に活用する方法はありますか?

https://dokusyokansou.jp/%e8%aa%ad%e6%9b%b8%e6%84%9f%e6%83%b3%e6%96%87%e3%82%92%e6%9b%b8%e3%81%8f%e3%81%9f%e3%82%81%e3%81%ae10%e3%81%ae%e8%b3%aa%e5%95%8f/

文章を書くためのヒント

読書感想文の文章を書く時は、いきなり紙に書くのではなく、一度頭の中で文章を繋げて読んでみましょう。
口頭(言葉で話すように)の文章で作ってみて、違和感が無ければ文章として書いてみるという感じです。

例えば、①の質問で

◆悲しくなった

◆◎◎がいなくなった場面を読んで、家族がいなくなるような悲しさを感じた

という回答例がありますが、これで文章を作ってみましょう。

私は、この本を読んで一気に悲しさが込み上げてきました。◎◎がいなくなった場面を読んで、今まさに隣にいる家族がいなくなると思うととてつもない悲しみを感じたからです。

自分が感じたことをまず書き、それをより具体的に掘り下げていくことで、一つの文章として繋がります。

感情を掘り下げていく

難しく感じるかもしれませんが、自分自身の中で感じていることをなるべく深く掘り下げていき文章として成立させるのがポイントです。

  1. 感情を感じる、
  2. 感じた感情を表現する、
  3. その感情をより具体的に解説する

これで、より読書感想文としてのご自身が感じられた「感想」の部分が強化されていくのが分かるでしょうか?