よくある質問

読書感想文を書くには、まずは何から手をつけるといいでしょうか?

読書感想文を書く
読書感想文のよくある質問

夏休みの読書感想文の宿題の期限が迫ってきました。
気持ちだけが焦ってきて、読書感想文を書くために何から手を付ければいいのでしょうか?
気持ちは焦るのですが、どうすればいいのかいつも分からなくなってしまいます。

読書感想文の宿題の期限

読書感想文を期日までに完成させないといけない。
そんな焦る気持ちばかりが先走ってしまって、読書感想文への取り組みがどんどんと先延ばしになり、後回しになってしまっている。
そんな方も多いのではないでしょうか?

読書感想文を早急に完成させるために

まずは、メモをどんどん書いてみてはどうでしょうか?
自分が感じたことや思ったこと、本から受けた印象など。
とにかくなんでも良いので、メモに自分の気持ちを書いていきます。
その際には、文章にならなくてもいいので箇条書きで構いません。

  • 気分が悪くなった
  • 気分が高まった
  • 爽快だった
  • テンションが上がった
  • 気持ちがブルーになった

ご自身が感じたことをこのように簡単な表現で書き出してみましょう。
次にこの書き出したリストを深掘りしていきます。
例えば、

●気分が悪くなった

☆どんな場面で?
☆どんな台詞や文章、表現で?
★どんな風に気分が悪くなった?
★気分が悪くなって、どう感じた?
◎その後、本を読み進めて、気分が悪いのは解消した?しなかった?

こんな感じで、
自分が感じたことをまずメモして
それに対して、深く気持ちを探っていく。その過程を文章にするだけでも、読書感想文としては内容ができあがっていくと思いますので、試されてみてはどうでしょうか?